お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 下鴨上川原町・未改修の京町家に紅葉情報を追加しました。
下鴨上川原町・未改修の京町家に紅葉情報を追加しました。
2019.10.14お知らせ
20191015_taitoru.jpg
これからの季節、京都は紅葉が見所です。
下鴨周辺の『もみじ便り』を掲載致しました。
どうぞ、この時期に下鴨の素晴らしい秋景色をお楽しみ下さい。


******************************
京都市内を南北に流れる【賀茂川(鴨川)沿い】徒歩約2分
鴨川(かもがわ)は、出町柳を分岐点に左手側上流の賀茂川(かもがわ)と、
右手側上流の高野川(たかのがわ)に分かれます。
この物件からは賀茂川(鴨川)沿いまでは徒歩約2分。
賀茂川(鴨川)は憩いの場として親しまれています。
紅葉シーズンには賀茂川をお散歩しながら秋の京都を感じさせてくれることと思います。




20191017_kamogawa.jpg
20191014_kamogawa02.jpg
20191015-hakushi02.jpg
******************************
寺社とは異趣な紅葉を味わう【京都府立植物園】徒歩約5分
大正13年に開園した日本最古の公立総合植物園。
24ヘクタールの広大な敷地に約12000種類の植物が植栽・展示されており、
秋には、モミジやサクラ、フウ、イチョウなど約500本の木々が色鮮やかに紅葉・黄葉します。
特に、「半木(なからぎ)の森」周辺の紅葉やアジサイ園のフウの大木の紅葉は必見です。
11月16日(土)・17日(日)には、秋の植物園フェスタを開催。
紅葉散策ツアーなどの催しが行われる予定です。
2019年は、「世界の紅葉ライトアップ」と称して
イロハモミジやメタセコイア、ランシンボクなどの世界の樹々の彩りを光で演出。
「半木(なからぎ)の森」周辺の池では、約200本のイロハモミジが水面に映えるのが見所です。

「ライトアップ:11月15日(金)~12月1日(日) 日没~20:00」20191015-hakushi02.jpg
20191017_furitsushokubutsuenn.jpg

20191014_shokubutsuenhn.jpg


******************************
京都で最も古い神社の一つで世界遺産にも登録された【下鴨神社(糺の森)】徒歩約14分

赤い鳥居にかかる紅葉の季節には、下鴨神社境内に観光者が多く訪れ、秋の風情を楽しまれます。
また、境内には53棟の重要文化財の社殿や「糺の森(ただすのもり)」
と呼ばれる約12万4千平方メートルの原生林を残す広い森があります。
京都の中心地にありながら、現在も市民の憩いの場として利用されています。
落葉樹林や深緑樹林など、その自然の特色から京都市内でも最も遅い時期の紅葉を迎え、
夏の水分をたっぷり蓄え黄色っぽい葉も特徴です。
参道沿いの潮見の小川には「紅葉橋(もみじばし)」が架かり、散った紅葉が川を流れる様子などを楽しむことができます。
下鴨神社でお参りをした後に、ゆっくりと糺の森にも足を運んでみてください。



20191017_shimokamojinnjya.png

20191014_shimokamojinnjya.jpg
  1. ‹ 前のページへ
  2. 次のページへ ›
お電話でのお問い合わせ
0774-62-0241

平日 9:00~19:00

メールでのお問い合わせ
メールフォームはこちら

Page Top